FC2ブログ

beads linking alan sweater(黒)(RYOTAMURAKAMI 2020-21 A/W COLLECTION より)

アトリエK'sKブログをご覧の皆様こんにちは!

本日もRYOTAMURAKAMI 2020-21 A/W COLLECTION より素敵な作品をご紹介させていただきます

RYOTAMURAKAMI 2020-21 A/W COLLECTIONのウェアはオンラインショップでオーダーできますので是非ご利用くださいませ

RYOTAMURAKAMIオフィシャルウェブストア
https://ryotamurakam.thebase.in/

7_58eUd018svck07xlv7olt2j_arz4lb.jpg
Photo by tomoiiro horiuchi

トップス製作:石川利香子

本日ご紹介しますのは、アラン模様とビーズのキラキラがゴージャスなセーターです。
大胆にざっくりと分割されたアランセーターをビーズを通したワイヤーで編み上げたものでつないであります。

9_5j7Ud018svc193qm40b2wutk_arz4lb.jpg

7_jj7Ud018svc148kx2leho97i_arz4lb.jpg
photo by kenta nakamura

こちらの写真だとビーズ部分の感じがよくわかります!
小さなビーズをワイヤーに通してこれだけの面積分編み上げる事を思うと相当な手間がかかっていることが伺えます。
うーーん、お見事!!!

今回も製作者様よりいただいたコメントをご紹介します。
製作中の写真と一緒にお楽しみくださいませ

0_g0iUd018svcmbf3g18gbabb_5j3qdo.jpg
実際に編み始める前にデザイナー村上氏より提供されたサンプルを元に作り上げていく。
編み物ではこうした「トワル」は使用せず、製図を元に編み始めることが多いためこういった作業は新鮮。


トップス製作石川さんより

画像とサンプルを前にゲージを編み始めました。
太い糸を2本取りで編むという発想がなく、村上さんの求めているものはなんなんだろう、
と編み進めながら話を伺ううちに、ひょっとしてこれか?と少しずつ理解できるようになりました。
模様のバランスとボリューム、細部に渡るまで煮詰めていき、
最終の形に仕上がった時は清々しい気持ちと、大変だったけどすごく楽しい作品が作れたと思いました。


9_i0iUd018svc169vqp2ah5bhz_5j3qdo.jpg
アラン部分の編地が出来上がったところ。ここからさらにビーズ部分を編み上げてリンキングしてゆく。

デザイナーさんとコミュニケーションを取りながら、時に探り合いながら作品を作り上げていったのですね~

今回ご紹介した作品の詳細なディティール確認や、オーダーはこちらから!

beads linking alan sweater(トップス)
https://ryotamurakam.thebase.in/items/27701317
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

atelier K'sK

atelier K'skは、デザイナー岡本啓子が主宰する新しいニットのあり方を提案する教室&ブランドです。神戸を拠点にK'skらしいニットの発信をしています。

■公式ホームページ&WEBSHOP
atelier-ksk.net