FC2ブログ

ダメージデニム風パンツ

アトリエK'sKブログをご覧の皆様こんにちは!

本日は、アトリエK'sKが製作を請け負っているRyotaMurakami改めPillingsの2021SSコレクションより、ものづくり目線で作品をご紹介!

Pillingsオンラインストアのショッピングページ↓

0_9g9Ud018svca09dr0jn6uyu_xnwkan.jpg
photo by Kenta Nakamura

前回もご紹介したこちらのルックより、ボトムスのご紹介です。

遠くからパッと見た印象は普通よりも穴の多いダメージジーンズ・・・
ですが、よく見るとやはりこれも編まれた作品であることがわかります。

9_ag3Ud018svc1k7z09rm68b4v_cxc2ky.jpg
photo by Kenta Nakamura

裂いた生地を超ローゲージで編んでパンツに仕立ててあります。
穴が大きすぎるためモデルさんが試着の際に誤って足を入れてしまって糸が切れてしまうというハプニングもありました

4_3cfUd018svcwfsk04os8iyg_aos9pb.jpg

デニム生地を裂いて糸にしたところ。
もともとはデニムパンツだったものを再度パンツとして蘇らせています。
これぞまさにサスティナブルファッション🍀

3_5cfUd018svc1aqzfvwpb990c_aos9pb.jpg

こちらは村上氏によるラフスケッチ。
当初はスウェット素材とのコンビネーションになる予定だったようです。

4_4d0Ud018svc1sa3jn1fqbx7w_aos9pb.jpg

編んでいる途中の様子。
ただザクザク~っとローゲージに編んだわけではなく、大きな穴の位置をランダムに配置しながら編まれています。
もちろん、製図上で計算したうえで編んでいくのでなかなか大変な作業です!

次回以降も楽しい作品たちがどんなふうに作られたのかご紹介してまいりますのでお楽しみに♪

ブログランキングに参加しています。バナーをポチっとクリックして応援していただけるとうれしいです

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

atelier K'sK

atelier K'skは、デザイナー岡本啓子が主宰する新しいニットのあり方を提案する教室&ブランドです。神戸を拠点にK'skらしいニットの発信をしています。

■公式ホームページ&WEBSHOP
atelier-ksk.net